医療系の転職状況

| 未分類 |

医療系の転職状況はどこの医療機関においても頻繁に行われているのが現状です。医療系とは医師、看護師、放射線技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、医療事務など他職種で形成されています。どの職種においてもひとつの医療機関で長く勤める方は少数で、多くの方は何らかの理由で転職を経験しています。医療系の職種はどの職種も専門職です。専門職は職人肌の気質を持った方が多くいます。勤務先の方針に忠実に行っていく方は少数で、方針に従えないとなると転職を検討する方が多くいます。職務に全うするタイプが多く、勤務先の方針とのズレが生じると難しくなります。医療系の転職状況としては、どの医療系の職種においても勤務先の方針とのズレが生じると転職するという傾向があるということです。それほど仕事に対しては自分の考えを強く持っています。信念を持って職務を遂行しています。ズレが生じた中での職務を全うするのは難しいと考えている方が多くいます。また、ひとつの勤務先で長く勤めるというよりも、様々な多くの経験を優先される方が多いのも医療系の職種にいえます。医療系の転職状況としては、様々なより多くの経験を積むための転職をされる方も多くいます。ひとつの勤務先では臨床経験を積むのにも限界があります。広い視野で様々な角度からの専門職として職務を遂行していくためには、ひとつの勤務先で勤め上げるというよりも、専門家として遂行していくことに重きを置いている方が多いのも医療系の職種の特色ともいえます。